女性ホルモン剤の副作用を知っておこう

女性ホルモンが少なくなると更年期障害になりやすくなります。その治療法としてホルモン剤が用いられますが、ホルモン剤の副作用とは? - 更年期障害を抑えるホルモン剤ってどんなもの?

更年期障害を抑えるホルモン剤ってどんなもの?

女性には、やがあて更年期障害が訪れます。イライラしたり、体のあちこちに不調が出たり、個人差はあるものの、なかなかつらいもの。
更年期障害は、女性ホルモンエストロゲンの減少が主な原因だと考えられています。そこで、更年期障害の症状を抑えるのに効果的なのがホルモン剤の投与です。
女性ホルモンを投与するってどういうこと?という人のために詳しく紹介していきます。

女性ホルモン剤って?

女性ホルモン剤というのは、その名のとおり女性ホルモンを意図的に投与して増やすことができるもののことです。更年期とともに減少してしまうエストロゲンを投与することによって、体に表れていた様々な深い症状を改善させることができます。
エストロゲンの減少が原因で起こっている症状だとはいえ、更年期障害が続くと、精神的にも参ってしまうことも多いので、できる限り症状を緩和させていくことが大切です。エストロゲンの効果によって、体に良い影響が与えられると、相乗効果で様々な面で健康になり、気分も良くなっていきます。

どうしたら投与してもらえる?

ホルモン剤は、医師の許可なくは投与できませんから、まずは病院に通う必要があります。更年期障害は、女性特有のものですから、婦人科を受診するのが良いでしょう。
医師との相談の結果、飲み薬や張り薬などを利用して、エストロゲンを体内に摂りいれます。量や薬の種類は処方する病院によっても違いますし、相性や効果の出方に個人差もあるので、医師と相談しながら自分に合ったものを見つけていきましょう。

ホルモン剤投与で更年期障害を乗り切る

ホルモン剤の投与で、つらい更年期障害を乗り越えられるはずですよ。悩んでいる方はまずは病院に相談してみてくださいね。

関連する記事

  « 前の記事: を読む  
Copyright(C)2016 女性ホルモン剤の副作用を知っておこう All Rights Reserved.