女性ホルモン剤の副作用を知っておこう

女性ホルモンが少なくなると更年期障害になりやすくなります。その治療法としてホルモン剤が用いられますが、ホルモン剤の副作用とは? - 更年期の原因が知りたい

更年期の原因が知りたい

更年期障害は、女性にはおおかれ少なかれ誰にでもやってくるものということで、症状がなくなるまではあきらめて耐えているという人も多いようですね。
でも、ホルモン剤を投与することで、改善させることが可能なのです。なぜ、ホルモン剤の投与が、更年期障害に効果的なのか、詳しく紹介していきましょう。

更年期障害の原因は、女性ホルモンエストロゲンの減少

更年期障害という言葉は聞いたことがあっても、なぜ起こってしまうのかを正しく知っている人は少ないかもしれませんね。
更年期障害は、若いときにたくさん分泌されていたホルモンが少なくなってしまうことが原因です。特に、女性ホルモンエストロゲンは、年齢を重ねていくうちにどんどん分泌されなくなり、閉経を迎えるころには、かなり少なくなってしまいます。
エストロゲンは生殖機能に深いかかわりのあるホルモンですが、それ以外にも自律神経を整えたり、精神を安定させる働きがあるので、減少してしまうと、体に色々な不調が現れます。これが更年期障害なのです。
エストロゲンはどう頑張っても年齢とともに減少してしまうため、女性には誰でも更年期障害が訪れるのです。

更年期障害には、ホルモン剤投与

更年期障害を改善、抑制するのに効果的なのがホルモン剤投与です。減少してしまうエストロゲンを薬で投与することによって、更年期障害の症状を軽くしたり、抑える効果が期待できるでしょう。
病院で相談すれば対応してくれるので、更年期障害かな?と思ったらまずは受診してみましょう。

更年期障害の原因、エストロゲンを補充して、症状を改善!

更年期障害の原因であるエストロゲンの減少を薬でおぎなうことで、症状は改善できるはずですよ。飲み薬だけでなく張り薬や塗り薬もあるので、医師に相談して使用するものを選んでくださいね。

関連する記事

Copyright(C)2016 女性ホルモン剤の副作用を知っておこう All Rights Reserved.