女性ホルモン剤の副作用を知っておこう

女性ホルモンが少なくなると更年期障害になりやすくなります。その治療法としてホルモン剤が用いられますが、ホルモン剤の副作用とは? - 更年期障害って何?どんな症状が出るの?

更年期障害って何?どんな症状が出るの?

ホルモン剤で改善できる更年期障害って何?
女性は、40代に突入すると、女性ホルモンの分泌がだんだんと減っていきます。閉経のころには、急激に女性ホルモンのエストロゲンの分泌が減ってしまうので体には様々な変化が起こります。
これを更年期障害といいます。更年期障害の時期別の症状について紹介します。

初期の更年期障害の症状

少しずつエストロゲンの分泌が減少してくると、体に症状が現れます。代表的なのは動悸、息切れ、のぼせ、ほてりなどの自律神経失調症場です。その他、月経周期が短くなったり長くなったり、不規則になっていきます。
また、イライラしたり、めまいや不眠、集中力が低下するなどの精神神経症状が出る人も多いでしょう。わけもわからずイライラすることが続いているという人は更年期障害の初期症状なのかもしれません。

中期〜後期の更年期障害の症状

更年期障害が進むと、お肌にも変化が出ます。シミやしわ、たるみが増えて、一気に老け込むこともあります。筋肉や骨格も衰えるので、方が凝ったり、すぐだるくなったり、尿漏れすることもあります。
膣や膀胱も衰えるので、貧乳や残尿感にも要注意です。

更年期障害にはホルモン剤投与が効果的

このように、更年期障害には体に困った症状が出る可能性が高いです。改善したり、症状を抑えたりするためには、ホルモン剤の投与が良いでしょう。減少してしまったエストロゲンをプラスすることで、症状を軽くします。
まずは、病院に相談して、更年期障害の今現在の症状を伝え、自分に合ったタイプのホルモン剤を投与してもらうようにしましょう。飲み薬だけでなく、塗り薬や張り薬もあるので、きっと更年期障害を軽くしてくれるものに出会えるでしょう。

関連する記事

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »
Copyright(C)2016 女性ホルモン剤の副作用を知っておこう All Rights Reserved.