女性ホルモン剤の副作用を知っておこう

女性ホルモンが少なくなると更年期障害になりやすくなります。その治療法としてホルモン剤が用いられますが、ホルモン剤の副作用とは? - 女性ホルモン剤は、発がんリスクが高い?!

女性ホルモン剤は、発がんリスクが高い?!

更年期障害を軽くするために、女性ホルモンを投与しているという女性は少なくないと思います。でも、気になる副作用の中に、乳がんのリスクを高めるということを聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。
実際に、女性ホルモンエストロゲンを更年期障害の症状緩和のために投与することで乳がんのリスクは高まってしまうのでしょうか。

女性ホルモン剤を使っても乳がんのリスクは上がらない

女性ホルモン剤を使って治療をすると、乳がんのリスクがあがってしまうというと聞くと、なかなか治療を始める勇気が出なくなってしまいますよね。
更年期障害も女性の悩みの種にはなりますが、乳がんも女性特有のがんなので、リスクを高めてしまうなら更年期障害の症状を我慢するほうが良いと考える人もいるでしょう。
でも、安心してください。女性ホルモン剤を使っても乳がんのリスクは上がらないということが研究でわかっています。むしろ、ホルモン剤を使った人の方が、使わなかった人よりも乳がんの発症率がすくなかったりするのです。
乳がんのリスクを高めるどころか乳がんの予防にまでなるということがわかりました。

子宮体がんのリスクも視野に入れて

乳がんのリスクはありませんが、長期にわたってエストロゲンを投与すると、子宮がんになるリスクが高まります。エストロゲンだけでなく、プロゲステロンも併せて投与すれば、リスクは下げられるので、ホルモン剤の治療が長くなる場合は、どちらも投与してもらうようにしましょう。

発がんのリスクは回避できます

ホルモン剤の投与によって乳がんのリスクは高まるどころか低くなりますし、子宮がんもプロゲステロンを合わせて投与すればリスクを減らせます。
更年期障害の症状を軽くすることも大切ですから、ぜひ医師に相談の上、利用してみましょう。

関連する記事

Copyright(C)2016 女性ホルモン剤の副作用を知っておこう All Rights Reserved.