女性ホルモン剤の副作用を知っておこう

女性ホルモンが少なくなると更年期障害になりやすくなります。その治療法としてホルモン剤が用いられますが、ホルモン剤の副作用とは? - 女性ホルモン剤の投与にはどんな副作用があるの?

女性ホルモン剤の投与にはどんな副作用があるの?

更年期障害は、女性ホルモンであるエストロゲンが減少することが主な原因だと考えられています。そこで有効なのがホルモン剤の投与。
減少したエストロゲンが補充できるので、効果が期待できそうですよね。でも、気になるのが副作用です。やはり薬ですから副作用のリスクがあります。
どのような副作用があるのでしょうか。

生理前のような不快症状

ホルモン剤投与を始めると、まず、生理前のように胸が張ったり下腹部が痛くなったり、生理前のような深い症状が現れます。不正出血することもあります。
これは、投与したエストロゲンが正常に働いているという証拠で、体に悪い影響を与えているわけではありません。また、投与を続けていけば体がホルモン投与に慣れて、これらの症状は自然となくなっていくでしょう。

胃のむかつきやむくみ

人によっては胃がむかむかしたり、体や顔が、むくんでしまうこともあります。あまりにも副作用の症状がひどい場合は、医師に相談して、投与方法や量を調節してもらうと良いでしょう。

子宮がんのリスクは?

エストロゲンだけを長期間にわたって投与した場合は、子宮内膜が増殖するために、子宮体がんのリスクが高まるといわれています。でも、3か月以内の短期間であれば、ほとんど影響はありません。
3か月以上であっても、黄体ホルモンであるプロゲステロンをエストロゲンと併せて投与することで、子宮がんのリスクは抑えられます。長期的な治療を考えている場合は、2つのホルモンをバランスよく投与してもらえるようにしましょう。

副作用を理解して、治療を始めましょう

ホルモン剤の投与は更年期障害にはとても効果的ですが、副作用があるということをしっかり理解した上で治療を受けるようにすることが大切です。

関連する記事

Copyright(C)2016 女性ホルモン剤の副作用を知っておこう All Rights Reserved.