女性ホルモン剤の副作用を知っておこう

女性ホルモンが少なくなると更年期障害になりやすくなります。その治療法としてホルモン剤が用いられますが、ホルモン剤の副作用とは? - 女性ホルモン剤の副作用を知っておこう

女性ホルモン剤の副作用を知っておこう

rthsrhtsh
女性ホルモンは、年齢とともに減少していきます。そのために起こるのが更年期障害。女性ホルモンのエストロゲンの減少により、体に様々な不調を感じるようになります。
閉経をはさんだ10年程度、女性にだけ訪れる更年期障害。身体の調子をよくするためには、ホルモン剤の利用が効果的だと考えられています。そこで気になるのが副作用。エストロゲンを投与することによる副作用についてきちんと知っておきましょう。

胸のハリや下腹部の痛みを感じる

エストロゲンのホルモン剤を投与すると、表れる副作用の中でも一番多いのが、胸のハリや下腹部の痛みなどの深い症状です。女性ホルモンが増えたことにより、生理前症候群のような症状が出ることが考えられるのです。
でも、こういった症状は長くは続きません。ホルモン投与の治療に身体がなれることによって改善されていくでしょう。薬の量や回数を減らして、副作用を抑えるという対応もできます。

不正出血が起こる

エストロゲンは月経を促すホルモンでもあるので、投与を始めると、閉経後でも不正出血が起こることがあります。ホルモン補充治療では、不正出血の副作用はとても一般的なので、もし、出血しても焦る必要はありません。
女性ホルモン本来の働きがされている証拠です。体の不調ではないので安心してください。胸のハリや下腹部の痛みなどの深い症状と同じように、体が治療に慣れれば自然とおさまっていくでしょう。

胃がむかむかする

ホルモン剤を投与して、胃がむかむかするなどの副作用が出る場合は、薬との相性が良くないことが考えられますから、医師に相談して、薬を変えたりするなどの対処をしてもらうようにしましょう。

体がむくむ

副作用の一つとして、むくみがあります。むくみも投与薬を見直すことで改善できる可能性があるので、医師に相談しましょう。

子宮がんのリスクを高める

エストロゲンは子宮内膜を育ててくれるホルモンです。ですから、長期にわたって投与されると、子宮内膜は増殖していきます。子宮内膜の増殖によって、子宮体がんのリスクが高まる、と考えられています。
子宮がんのリスクを減らすためには、エストロゲンだけでなく、黄体ホルモンのプロゲステロンも一緒に投与するのが望ましいです。エストロゲンとプロゲステロンを一緒にとうよすることで、子宮がんのリスクはかなり減らすことができます。
長期でなければ、プロゲステロンを併用しなくても子宮に悪い影響を与える可能性は少ないので、3か月以内で治療が修了する場合は、エストロゲンのみの投与でも問題ありません。

乳がんのリスクを高めるって本当?

女性ホルモン剤の投与は乳がんのリスクを高めると考えられていましたが、実際はそんなことはありません。むしろ、投与していなかった女性の方が乳がんになりやすいというデータもあるので、エストロゲンのホルモン投与が乳がんのリスクを高めることはないということを知っておきましょう。

女性ホルモン剤の副作用は治療方法によって異なります

にはいろいろな種類のものがあり、使用方法も飲み薬もあれば張り薬などもあり、様々です。副作用のリスクはどのホルモン剤をどれくらい利用するかによって変わってくるので、あくまで参考程度にしてくださいね。
気になる副作用があった時は、小さなことでも医師に相談することをお勧めします。上手に付き合っていければ、更年期障害改善の大きな力となってくれるはずですよ。

Copyright(C)2016 女性ホルモン剤の副作用を知っておこう All Rights Reserved.